M.W

ガンダムプラモ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洗浄について

自分は今まで「洗浄」ということをしませんでした。
表面処理の終わったパーツに濡れた歯ブラシで隙間のカスを擦ってサフ吹きといった風にやっていました。
超音波洗浄機

スジボリ堂さんで扱っている超音波洗浄機を導入してから、強力な洗浄力によりマメに使うようになりました。
どれだけ強力か、実験してみました。
使用前1

20年ほど前に買った鉄製の鉛筆削りです。表面が汚れでくすんでます。
使用後1

使用後。刃に輝きが戻り、傷にこびりついてた汚れが落ちて、鈍い光を放つように。
使用前2

裏面の使用前。
使用後2

使用後。光を反射してます。

スポンサーサイト

切削環境について

現在本作業の方は、2次サフ終了後の乾燥に入っているので、今回は使用しているヤスリについてご紹介します。
やすりがけ

左側が空研ぎ用右側が水研ぎ用です。
白いウェーブのやすりほう台にはいただきもののコバックス製糊付きペーパー(280番)が貼られています。
金属棒はHIQパーツのやすりん棒。240、320、400と3Mの糊付きペーパーがそれぞれ貼られています。
黄色のタイラーには使用済みのペーパーを剥がして、空研ぎには前述のペーパーを、水研ぎにはタミヤのフィニッシングペーパー(400、600)を耐水性両面テープで貼り付けて使用しています。

あとは、フィニッシングペーパー単体で320、400、600。
曲面には3MのスポンジやすりFINE、SUPER FINEを使っています。

青い蓋の容器は水入れ、皮膚科の塗り薬の入れ物を使っています。

塗装環境について

腕の2次サフを吹き終わり、現在乾燥中です。
今回は自分の塗装環境について紹介します。
塗装ブース

まだウェーブの模型用塗装ブースしかなかった頃のものです。
周りの変な紋様は、簡易型エアブラシを使ってた時の試し吹き跡です。
少し前、全然吸引しなくなり、ファンを見たら隙間に塗料(特にサフ)の塊がびっしり。
割箸でこそぎ落したらすごい勢いで吸い込むようになりました。
ファンはマメにチェックしないとですね。
エアブラシ

エアブラシは2本、塗料用とクリアー用です。
いずれもクレオスのもので、塗料用がトリガー式ダブルアクション、クリアー用が吸い上げ式シングルアクションです。
コンプレッサー

コンプレッサーはクレオスのL5。
まだネット環境がない頃、ボークスの電話通販で買ったものです。
使用して9年目になりますが、壊れる気配はないです。

撮影環境について

せっかく苦労して作り上げたプラモ。
綺麗な写真に残したいですよね。
自分はこのような環境で写真を撮っています。
撮影ブース

専用のスタジオが欲しいところなんですが、家が狭いので折りたたみ式の撮影ブースを使用しています。
ライトは2灯。真上と真横を照らしています。
直接ライトを当てると光が強すぎでちゃんと映らないため、撮影ブースを通して照らしています。
撮った写真はこんな感じになります。
ダイゼンガー2

いつもは一眼で撮ってるんですが、ここではサイズが大きすぎるので、コンパクトデジカメで撮影しました。
プロフィール

○ミッキー○

Author:○ミッキー○
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
FC2ブログランキング
フリーエリア
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。