M.W

ガンダムプラモ

 
4
7
16
19
20
22
23
26
30
31
07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バックパック(1)

ゼータ0.106
ここから足したり引いたりしますが、おおまかな形はこんな感じになります。
最初は流用パーツのポリキャップを活かして軸接続しようと思ったんですが、保持力が足りず関節技ボールジョイントを使うことに。
始めて使ったのですが、保持力抜群ですね。


スポンサーサイト

外装(了)

つや消しクリアーを吹きます。
ゼータ0.101
乾燥ブースのスペースとクリップの数の関係で、胴体、腕と脚部に分割して行いました。
以前は缶スプレーを使っていたのですが、塗装仕上げの場合吹き加減が難しく、今ではエアブラシで吹きつけています。
ゼータ0.102
ようやく表面が落ち着きました。
次回からバックパック。



外装(9)

外装部にデカールを貼ります。
今回は、新ブランドVertex「コーションデカール」を使用しました。
ゼータ0.93
モデラー視点に立ったデカールということで、ホビー誌にも紹介されています。
ゼータ0.94
特徴は、同じデザインが横一列に並んでいること。
これがどういうことかというと・・・。
ゼータ0.95
ニス部分を一気に切り取ることができます。
ゼータ0.96
切り出したデカールは短冊状にしてクリップどめ。
白デカールは図柄の判別がしづらくなるので、グレーと一緒にクリップどめしています。
ゼータ0.97
切り出し完了。ここまでで約2時間。
これをやっておけばスピーディーに貼ることができます。
ゼータ0.98
一部他のデカールも混じっていますが・・・。
貼り心地は素晴らしくよく、サクサク貼れます。
糊が若干弱めに感じたので、マークセッターを使って、密着させています。
たくさん貼ったのですが、まだ半分以上残っています。
詳しくはスジボリ堂さんまで。




外装(8)

脚部について考えれば考えるほど、脚のない絵に行きつきます。
ジオングかディープストライカーみたいな。
しかし、人型の記号として脚部は必要だと思ったので、無い知恵を絞って考えた結果、
ゼータ0.90
着脱式のバーニアパックに行き着きました。
基部、本体とも流用パーツを使用しているので、ポリパーツによってスムーズに可動します。
色はガンダムカラーブル-14の上から、10倍に希釈したスターブライトジュラルミンを吹いています。


外装(7)

脛前面上部、腰アーマー、ふくらはぎの工作です。
ゼータ0.87
脛全面上部には流用パーツとプラ板を使用。
色はグレーです。

ゼータ0.88
腰は冷却用タンク接続のため、バルジを追加。
腰の両サイドには、流用パーツの基部と市販パーツのプロペラントタンクを組み合わせました。

ゼータ0.89
ふくらはぎは、バーニアが露出するようにパーツを切断しました。



外装(6)

色々思案した結果、工作をやり直すため、塗装済みの部品を溶剤に漬け塗装を落としました。
ゼータ0.83

ゼータ0.84
どこまでやるのか、どうやってやるのか大体固まってきたので、明日から作業再開です。

外装(5)

脛パーツを切り離した為か、合わせ目に隙間ができてしまいました。
ゼータ0.77

ゼータ0.78
隙間になる部分を切り離し、整形しました。

ゼータ0.79
しかし、塗装後合わせるとパーツそのものが合わなくなりました。
整形した後再度部品を合わせて確認したのですが、塗膜分を見誤ってたようです。
これを「失敗」の2文字で片付け、落ち込んで投げ出すのは簡単ですが、ここをどう切り抜けるか考えた方がより建設的だと思い、このようにしました。
ゼータ0.80
塗装済みパーツをエナメル割りで切断、断面を整形。
オリジナル要素を一つ入れる余地ができたと考えれば、やる気が出てくるものです。
具体的にどうするかは、考え中・・・。


武者ケロロ完成

完成しました。
武者ケロ1

武者ケロ2
鎧は色変えだけです。
白:キャラクターホワイト
金:スターブライトゴールドをマスキング塗装
青:田宮エナメルメタリックブルーを筆塗
赤:リアルタッチレッド
バックパック:黒下地にスーパーアイアン
缶の半ツヤでトップコート。

武者ケロ3

武者ケロ4

武者ケロ5
これは、いつもお世話になっております「ポプラ館稚内店」で行われる「ケロロ軍曹プラモデルコンテスト」用に制作したものです。
当初は、中身ポップに鎧は重厚にして、そのまま作るつもりでした。
しかしながら、店長の作例ですでに行われているのを見て、急きょ方針変更。
ガンダムの意匠を活かして、武者ガンダムっぽくすることに。
今回はじめて「パテによる形状変更」を行ったのですが、形を出すのに四苦八苦。
それでも形になってくると楽しくなってきました。





外装(4)

腰アーマーを塗装しました。
ゼータ0.76

基部、バーニアともスーパーアイアンで塗っています。
つや消し仕上げにするので、完成後はこれより光沢が落ちます。

武者ケロロ(8)

バックパック。
武者ケロ0.18

アクションベース2に安定した状態で固定させるため、接続パーツを接着。
サーベルは飛び出ている部分を切り、接着。
サーベルが飛び出ていた部分は市販のバーニアパーツを貼りつけました。

武者ケロ0.19

アクションベース2に接続。
知らないうちに材質がPSからABSになっていました。
特にクリアは接続軸が折れやすかったので、この変更は嬉しいです。


外装(3)

腰のバーニアを大型化しました。

ゼータ0.73

左右のバーニアと基部はMGガンダムMk-Ⅱ2.0を加工して使用。
中央のバーニアはアーマード・コアのパーツと市販バーニアパーツを組み合わせました。
塗装後接着できるように1mmの真鍮線で接続軸を付けました。

ゼータ0.74

側面には継ぎ目が出るので、田宮の白蓋で接着し、数日後継ぎ目消しを行います。

武者ケロロ(7)

手、籠手、武器を塗りました。
武者ケロ0.16

兜に合わせて籠手はキャラクターホワイト。
縁取りはスターブライトゴールドをマスキング塗装。
手は胴体や頭と同じ塗料を使いました。
この緑、実物は目がチカチカするような派手な色になっています。

武者ケロ0.17

後は鎧のみ、バックパックをちょっとだけいじります。

外装(2)

ここ数日色々やってました。

ゼータ0.69

コクピットハッチはC面を削って落し、シャープな感じに。
胸部はフレームが干渉しないようにフチを薄く削りました。

ゼータ0.70

マスキング塗装。
センサー部はスーパーチタンの上からクリアーイエロー。
胸下部はフレーム色です。

ゼータ0.71

市販パーツを組み合わせてソロモン・エクスプレス風センサーを作成。

ゼータ0.72

0.3mmの真鍮線で接続しているので、ある程度動きます。


武者ケロロ(6)

手と武器です。

武者ケロ0.14

拳の肉抜き穴はエポパテで埋めています。
右の拳だけ穴が大きいのは、HIQパーツのサーベルを持たせるため。
ハッタリが効くようにガンプラ1/100用を使います。

武者ケロ0.15

ビーム刃は以前作ったMS用のものを。
ちょっと長すぎたかもしれません。

武者ケロロ(5)

兜を塗装しました。
色は悩んだ末、白兜にしました。
武者ケロ0.12

白:EXブラック→EXシルバー→キャラクターホワイト
金:上記にスターブライトゴールド
赤:ガンダムカラーレッド1
吹き返しの赤はリアルタッチマーカーです。

武者ケロ0.13

金色の部分が曲面+曲線でしたので、モデラーズのハイテクマスキングテープを使いました。
塩ビ製なので曲面によく馴染んでくれます。
次回は手と武器です。

外装(1)

上半身の白い部分の外装です。
ゼータ0.66


ゼータ0.67

側頭部の頬の部分を薄く削りました。

ゼータ0.68

塗装後。
サフの上からスーパーチタン→ガンダムカラーグレー19→ガンダムカラーホワイト3にGXクリアーを吹きました。

武者ケロロ(4)

兜のサフ吹きをしました。
ツノと頬当ては、一度サフを吹き、気泡や面が整っていなかったので、再度整形、サフ吹きをしています。
武者ケロ0.11

まだ頬に気泡があるので、埋めたら塗装に掛かります。

武者ケロロ(3)

兜の工作です。
武者ケロ0.09

バルカンをピンバイスで開口。
鍬形を基部のみにして、1mmプラ板でツノを切り出し。
頬当てはエポパテで裏打ちしてヒゲモールドを削り、0.5mmBMCタガネでモールドを追加。

武者ケロ0.10

ツノは調整していくうちにどんどん短くなっていったんですが、なかなかいい塩梅です。
このあと、サフ→修正→サフを経て塗装です。

フレーム塗装(了)

つや消しを吹き、メタルカラー、メッキシルバーを筆塗りしました。
見栄え等を考慮し、一部外装を取り付けました。
ゼータ0.60
ゼータ0.61
ゼータ0.62
ゼータ0.63
ゼータ0.64
ゼータ0.65

次回から本体外装に取り掛かります。

フレーム塗装(3)

スミ入れとデカールを貼りました。
ゼータ0.54


ゼータ0.55

ガンダムデカールMk-Ⅱ2.0用、Ζガンダムシリーズ用、HIQパーツのデカールを、外装を被せたらなるべく見えない部分に貼りました。

ゼータ0.56


ゼータ0.57

脚部。
この後十分に乾燥させ、つや消しクリアーを吹きます。
その後、メタルカラーで細部塗装をします。

武者ケロロ(2)

本体を塗装しました。
武者ケロ0.06


武者ケロ0.07

白はクールホワイト、星印はガイアのサンシャインイエローです。
緑はクールホワイトを下地に、ガンダムカラーグリーン14+蛍光グリーン+クールホワイトを等量混ぜて、彩度、明度を上げました。
缶スプレーの半光沢クリアーでトップコート。

武者ケロ0.08

鎧兜は接着固定するつもりなので、腹の星印は塗らなくて良かったかもしれません。
次回は兜。少し形をいじります。

フレーム塗装(2)

各部のマスキング塗装をしました。
ゼータ0.51

少々分かりにくいかもしれませんが、肩関節をプラバンで覆うのをやめ、ホイルシールの切れ端を貼りました。
可動に支障が出るのと、ポリパーツに瞬着だと接着が甘くなってしまったので(マスキングテープを剥がす時に一緒に剥がれました)
ツヤは落せばしっくりくるのではないかと思います。

ゼータ0.52


ゼータ0.53

頭部は後頭部のマスキング塗装とメインカメラ、ツインアイの筆塗りを行いました。
メインカメラの指定は青なんですが、何かしっくりこなかったので、ツインアイと一緒に。
今まではクリアーカラーでカメラ等を塗っていたんですが、写真に目がはっきり写らないので始めて蛍光カラーで塗っています。

次回はスミ入れ、その後デカール、艶消しクリアー、メタルカラーの筆塗りで細部塗装という手順で作業していきます。

プロフィール

○ミッキー○

Author:○ミッキー○
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
FC2ブログランキング
フリーエリア
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。