M.W

ガンダムプラモ

 
3
4
5
8
12
15
16
18
19
20
21
22
23
26
31
12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

散香マークB(15)

銀のベースを作りました。
散香0.41
サイズはA4、地面は240番の耐水ペーパーを貼り付けています。
散香0.42

散香0.43
壁は1mmプラ板の上にエバーグリーンのモールド入りプラ板と1mmプラ板を貼っています。
散香0.44

散香0.45

散香0.46
塗装をしました。
壁面の基礎はグレインペイントを塗り(盛り付けるように)、古歯ブラシで叩いて粗さを出しました。
散香0.47
汚しを入れ、組み立てて完成です。
これは撮影用のセットとして作ったので、機体は固定しません。
見えない部分はプラ板のままになっています。

これで全ての工作と塗装が終わりました。
公開については、事情によりしばらく後になります。



スポンサーサイト

在庫整理

年末なので、在庫の整理をしました。
クローゼット前
整理前、ぐちゃぐちゃです。
クローゼット後
整理後、正確に数えてはいませんが、100個以上はあります。

散香マークB(14)

ベースの続きです。
散香0.34
和功の紙創り、雑草を切り離す前に塗装します。
散香0.35
切り離し、ベースに植えました。
散香0.36
遺跡を塗装します。
ガンダムカラーを吹きつけた後、エナメルのフラットブラックで洗い塗りをしました。
散香0.37
遺跡を接着してベース完成です。
この後飛行機を接着して緑を完成させました。
次回は銀のベースです。


散香マークB(13)

緑のベースを作ります。
散香0.30
フォトスタンドにスチレンボードで大まかな形を作ります。
散香0.31
100均の軽量紙粘土で盛りつけ、素材を配置します。
散香0.32
水で溶いた木工用ボンドを塗りつけ、鉄道模型用のカラーパウダーをふりかけ、更に木工ボンドを塗ります。



散香マークB(12)

緑にウェザリングを施しました。
散香0.27

散香0.28
ウェザリングマスターを擦りつけて汚しています。
次はベース制作に入ります。


MGシナンジュ

MGシナンジュを作りました。
シナンジュ0.04
金色の縁は水転写デカールを使用、難易度高いです。
あまりうまく貼れませんでした。

工作は見える部分のゲート処理と一部のパーティングラインを処理しただけです。

塗装は、
赤:ガイアカラーEXシルバー→フィニッシャーズマイカレッド+蛍光クリアー
黒:ベースグレーMAX
フレーム:自家製グレー+EXシルバー
バーニア、動力パイプ:ガイアカラーEXブラック→スーパーステンレス
サフは吹いていません。
トップコートはガイアカラーフラットクリアー、いつもはより強くツヤを落とすためフラットベースを混ぜますが、これはあまりツヤを落としたくなかったのでそのまま使っています。

その他の画像は→こちら


散香マークB(11)

トップコートをして、部品を組み付けました。
散香0.23

散香0.24

散香0.25

散香0.26
銀はガイアカラーのセミグロスクリアー、緑はガイアのフラットクリアーを使っています。
翼端灯はエナメルのシルバーの上から水性アクリルのクリアーレッド、クリアーブルーを筆塗り。
次は緑のウェザリングをします。

散香マークB(10)

デカールを貼りました。散香0.22
緑はインストどおり、銀はシンプルにしました。
十分に乾燥させ、緑はツヤ消し、銀は半ツヤでトップコートをします。

散香マークB(9)

銀のマスキング塗装をしました。
散香0.20
クレオスのスーパーチタンとスーパーステンレスを塗装、スーパーチタンの部分は少し見づらいかもしれません。
散香0.21
裏面。
光沢により塗り分けた部分が見づらくなってしまいました。
この後はスミ入れ、筆塗り、デカールです。

HGOO(了)

撮影が終わりました。
いつものYahoo!フォトにて公開しています→こちら

散香マークB(8)

緑のマスキング塗装をしました。
散香0.18
プロペラの中心以外はデカールで黄色の部分はまかなえるんですが、濃い黄色にしたかったので塗装で表現しました。
発色を良くするため、下にクレオスのクールホワイトを敷いています。
散香0.19
裏面。
白いラインはクールホワイトを一部マスキングして黄を塗装しました。

散香マークB(7)

基本色に上塗りを施しました。
散香0.16
機体上面をガイアカラーの灰緑色をフリーハンドで吹きつけ。
散香0.17
ギラついた感じが欲しかったのでスターブライトジュラルミンを吹きつけ。
この画像ではうまく伝わりませんね。

次回は機体とプロペラのマスキング塗装を行います。

散香マークB(6)

基本色を塗りました。
散香0.15
銀はフィニッシャーズのシールズシルバー、吹いて→キズホコリ確認→研いで→吹いてを4回程やっています。
緑はクレオスの明灰緑色の上からツヤありクリアーを軽く吹きました。
濃い緑で迷彩を描いていきます。




散香マークB(5)

塗装の下準備~下塗りをしました。
散香0.13
操縦席、翼と機体の内側をマスキングします。
散香0.14
手前はガイアカラーのEXブラック、奥はベースグレーMAX。
対極ともいえる無塗装銀と迷彩にそれぞれ塗り分けます。
なお、ブラックは塗った後スポンジやすりで磨きました。


HGOO(3)

白以外の部品を塗装しました。
OO0.04
関節色は自家製グレーに銀を足したのをそのまま吹きました。
OO0.05
青はフィニッシャーズのラベンダーにスカイブルーを混色。
赤はアストレアに使ったのの残り。
黄色い部分はスーパーゴールドに置き換えました。
武器はベースグレーMAXの上からスーパーアイアン。

つや消しでトップコートをし、組みたてました。
OO0.06

OO0.07

OO0.08
後は撮影して終了です。



散香マークB(4)

垂直翼、カナード、増槽、ハッチの表面処理をしました。
散香0.11
各々の翼はモールドがシャープで十分に薄いので、800~1000番のペーパーをかけた後、1200~1500番相当のスポンジやすりで整えました。
増槽は真ん中に継ぎ目があり、アンダーゲートの処理がうまくいかず隙間があいてしまったので、SSP-HGで埋めて整形しました。
ハッチ裏は青竹色で塗装。
散香0.12
塗装のため翼と増槽を取り付けます。
あとは脚、プロペラ、タイヤを処理して下ごしらえは終了です。


HGOO(2)

白い部品を塗装しました。
OO0.03
優れた分割により色ごとに仕上げることができました。
色は、ガイアのシルバーの上にフィニッシャーズのファンデーションホワイト。
クレオスのスーパークリアーⅢで塗膜保護をしました。
サフは吹いていません。

散香マークB(3)

機体を組み立てます。
散香0.08
継ぎ目を消す部分に付いた塗料を薄め液で落としました。
その後、流し込み接着剤で左右の部品を貼り付けます。
散香0.09
機体に翼を取り付けます。
仮組の段階で若干隙間があいていたので、干渉する部分を削ってすり合わせをしました。
そして、継ぎ目消しと一緒にパーツのラインがなだらかになるようにやすりがけ。
消えたモールドはBMCタガネで彫り直しています。
散香0.10
駐機状態のものは格納部を青竹色に塗装、脚カバーの突起が出っ張りすぎだったので切り飛ばして整形しました。


散香マークB(2)

機体内側、アンチグレア塗装部分、コクピット、風防を作ります。
散香0.06
機体内側は、シルバーを吹いた後コクピット部はクレオスのコクピット色、主脚収納部は青竹色。
設定にとらわれず、日本軍の戦闘機を範とした色にしました。
アンチグレア塗装部分は別パーツ化されているので、トップコートまで行いました。
色はベースグレーMAXをそのまま使用。
表面のスジボリを消しかねないので、サフは使っていません、ペーパーは600番からスタートし、800→1000とかけました。
散香0.07
コクピットと風防。
コクピットはクレオスのコクピット色、リアルタッチマーカーのブラウンで色が単調にならないようにしました。
風防は細切りマスキングテープでマスキングをした後ベースグレーMAXを吹いています。

HGOO(1)

OOガンダムを作ります。
OO0.01

OO0.02
パーツのゲート処理、継ぎ目消しをしました。
クリアパーツは先に塗装しました。


プロフィール

Author:○ミッキー○
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
FC2ブログランキング
フリーエリア
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。