M.W

ガンダムプラモ

 
1
4
6
11
13
14
18
20
21
27
28
29
30
03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OOライザー

合体させて撮影しました。
OOライザー0.1
その他の画像はいつもの→こちら

スポンサーサイト

砂ザク(了)

ベースを完成させます。
砂ザク0.90
アクリル塗料のカーキの上からバフを筆塗り。
砂ザク0.91
鉄道模型用のカラーパウダーを2種類混ぜ、水で溶いた木工用ボンドで貼りつけました。
ランナーを埋め込んで固定用のピンとしています。

これで完成。
画像は→こちら

砂ザク(21)

ベースの続きです。
砂ザク0.87
構図を決め100均の軽量紙粘土を盛って地面を作ります。
モデルを足型がつくまで押し付けます。
遺跡ま一部を砕いてベースに埋め込みました。
リキテックスのモデリングペーストを塗りつけ表情をつけます。

乗せてみます。
砂ザク0.88

砂ザク0.89


砂ザク((20)

ベースを作ります。
砂ザク0.85
アクションベース1を2枚重ねて接着し、周りにプラ板を貼りつけました。
ブラウン2で塗装してガイアカラーのセミグロスクリアーを吹きました。

砂ザク0.86
小道具の遺跡をグレー4で塗装、ツヤ消しトップコートをしてウェザリングを施しました。

砂ザク(19)

ウェザリングとバトルダメージを施しました。
砂ザク0.79

砂ザク0.80
エナメルのフラットブラウン+フラットブラック+フラットホワイトをライターオイルで希釈し、ウォッシングをしました。

砂ザク0.81

砂ザク0.82
エナメル塗料でドライブラシ、リューターとピンバイスでチッピンングとバトルダメージを入れます。

砂ザク0.83

砂ザク0.84
ピグメントを用い、ホコリ、砂汚れを入れました。

次回はベース作成。




砂ザク(18)

デカールを貼りました。
砂ザク0.77

砂ザク0.78
リアルタイプ・ザク付属のデカールをメインに、ガンダムデカールとAFV用のデカールを織り交ぜて貼りました。
ツヤ消しの上に貼ったので、シルバリングを抑えるため、デカールの上からシンナーを吹いた後つや消しクリアーを吹きました。
ラックの武器は接着して市販の極細ワイヤーをくくりつけています。

次回はウェザリングとバトルダメージ。

砂ザク(17)

残りの武装です。
砂ザク0.75
ショットガンはマシンガンと同じ色。
マゼラ・トップ砲はオリーブドラブの上からダークイエロー(2)を軽く吹きつけました。
ザク・バズーカはグレー(4)、バズーカは最初グレー(9)を塗りましたが明るすぎたため、グレー(4)を吹きつけています。

載せてみました。
砂ザク0.76

砂ザク(16)

武装その1の塗装です。
砂ザク0.72
マシンガン、クラッカーポッドはフィニッシャーズのライトガンメタルとシールズシルバーを混色。
各ミサイルポッドはオリーブドラブ2、ミサイルはオレンジ2+白。
腕の増加装甲はスーパーアイアン。
使い捨てバズーカは先端をミサイルのオレンジ、本体をガイアカラードゥンケルゲルブ(2)。

腰と腕ののミサイルポッドを接着、クラッカーポッドと使い捨てバズーカを取り付けます。
砂ザク0.73

砂ザク0.74
次回は残りの武装。



砂ザク(15)

サンドカラーを筆塗りしました。
砂ザク0.70

砂ザク0.71
ガイアカラーのドゥンケルゲルブ(2)→ダークイエロー→イエローFS33531→ファレホのダークサンドを、塗り残しを意識し塗るというよりは擦りつけるように乗せていきました。
動力パイプにはメタルプライマーを塗り、接着した後全体につや消しクリアーを吹きつけました。


砂ザク(14)

腕部。

フレーム
砂ザク0.65
レジン製の肘カバーは、軸が緩かったので瞬着で太らせました。
スパイク、ショルダーアーマーのフレームはスーパーアイアン。
腕の付け根は完成後結構見えるので、メタルカラーのアイアンを筆塗りしました。
手は缶スプレーのガンメタルです。

外装
砂ザク0.66
ショルダーアーマーはファントムグレー。
下腕はカーキグリーン、左肩はジャーマングレーのままにするのでスミ入れをしました。

フレームに外装を接着します。
砂ザク0.67
スパイクはスーパーアイアン、肘はガンメタルです。

胴体に取り付けます。
砂ザク0.68

砂ザク0.69




砂ザク(13)

脚部。
砂ザク0.60
外装、ふくらはぎはフレームと接着しているためマスキング塗装をしました。
ダクトはメタルカラーをアイアン、軽く磨いてます。
膝は缶スプレーのガンメタル。

砂ザク0.61
フレーム、ある程度分割して塗装しました。
膝のカバーはグレー(9)、レジンパーツをかぶせるのですが、特に問題はありませんでした。

組み立てます。
砂ザク0.62
動力パイプはキット付属のスプリングの上から5mmのスプリングをかぶせました。

胴体に取り付け。
砂ザク0.63

砂ザク0.64





砂ザク(12)

胴体。
砂ザク0.56

砂ザク0.57
腰のボールジョイントをきつく調整。
フレームは見える部分のみスミ入れ。
外装は接着しています。
腰の動力パイプをコトブキヤの5mmスプリングに変更。
胸~腰前後の装甲はファントムグレー。
腰のオレンジはオレンジ2+白を2:1で。
筆塗りする部分は頭部と同じくジャーマングレーで塗りました。

頭部を取り付けます。
砂ザク0.58

砂ザク0.59



砂ザク(11)

シリンダーと頭部。
砂ザク0.50
パイプは黒→スーパーアイアン、受けは黒→チタニウム。
塗膜保護のためスーパークリアーⅢを吹きました。

砂ザク0.51
動力パイプはキットの芯にコトブキヤの4mmスプリングを通しています。
最初はウェーブのものを使ってみたのですが、スプリングが固くてうまくいきませんでした。
砂ザク0.52
フレーム。
装甲は接着固定するので、見えない部分のスミ入れはしていません。
上下で色合いが違いますが、気にしないで外装を組み付けます。
カメラはキットパーツの軸を切ってアドラーズドネストのアルミパーツに換装。
Hアイズの裏からベルテクスオプティカルデカールを貼りました。
砂ザク0.53

砂ザク0.54
両耳のアンテナはコトブキヤの1.0mmスプリング。
頭頂部のカメラは、コトブキヤ丸モールドに1.2mmのHアイズを貼りました。
今回は下塗りをクレオスのジャーマングレーエアブラシ、サンドカラーを筆塗りにします。
塗料の引っ掛かりを良くするため、缶スプレーのスーパークリアつや消しを使いました。
砂ザク0.55


砂ザク(10)

その他の武器と腰の簡易ラックです。
砂ザク0.44
ショットガンやバズーカ、使い捨てバズーカは、プロショップ限定ザクに入っていたもの(MGケンプファーの武器ランナーが1枚追加されています。)をそのまま使用。
マゼラ・トップ砲は、MGSザク1.0から。
使い捨てバズーカとマゼラ・トップには一部梨地表現を施しています。

砂ザク0.45
簡易ラックはトイラジコンのパーツを使い、リア・アーマーに1.5mmの穴を開けて接着しました。

砂ザク0.46
更にウェポンラックを追加、3mmの穴を開けキットのパーツを接着しました。

砂ザク0.47

砂ザク0.48

砂ザク0.49
これで下処理は終了。
次回からフレームを組みながら外装を塗装していきます。


HGオーライザー(了)

スミ入れ、つや消しクリアーで完成。
オーライザー0.02

オーライザー0.03

オーライザー0.04

GNシールド
オーライザー0.05

オーライザー0.06

OOライザーは別の機会に。


砂ザク(9)

残りの外装です。
砂ザク0.40
ほとんどがキットのパーツを整形しただけですが、右肩に装甲板風の0.5mmプラ板を貼って、溶きパテを塗りました。

変えた部分だけ取り付け。
砂ザク0.42

砂ザク0.43
リベットはハセガワのリベットスクレイパーを使いました。

砂ザク0.41

砂ザク



砂ザク(8)

ミサイルポッドとクラッカーポッド。
砂ザク0.36
ミサイルポッドのグリップは軸打ちをしたものの緩すぎたので、接着しました。
クラッカーポッドは2セット入っていたので、開/閉状態をそれぞれ制作。

取り付け。
砂ザク0.37

砂ザク0.38

砂ザク0.39
無加工で特に問題もなく保持できました。


砂ザク(7)

マシンガンを作りました。
砂ザク0.29
サフ吹き前。
グリップが曲がっていたのでお湯につけて修正。
フォアグリップは軸打ちをすると真鍮線が見えるので、モールドを削り落しコトブキヤの丸モールドを貼りました。

砂ザク0.30

砂ザク0.31
サフ吹き後、フォアグリップを動かそうとしたら部品がちぎれてしまい、泣く泣く瞬着で固定しラッカーパテを盛って動きそうな部分を埋めました。
部分的に溶きパテを塗って梨地表現を施しています。

砂ザク0.32
HDMの武器持ち手では上手く保持できないので、1.5mmの真鍮線を打ち込み保持力を上げました。

持たせてみます。
砂ザク0.33

砂ザク0.34

砂ザク0.35





砂ザク(6)

腕のミサイルポッドとスパイクです。
砂ザク0.25
強度を確保するため基部を軸打ちして外装に接着、装甲はダボを開孔して保持力を上げました。
ミサイルポッドは塗装後ミサイルを入れれるように後の部品を瞬着で合わせを太らせています。
スパイクは気泡が目立つので瞬着で埋めて整形しました。

フレームに取り付けます。
砂ザク0.26

砂ザク0.27

砂ザク0.28


砂ザク(5)

手とランドセルです。
砂ザク0.18
手はHDMザク2.0用、ランドセルはレジンパーツを調整しながら組みました。
砂ザク0.19
本体と基部を接着、武器持ち手は1mm真鍮線で武器の持ち替えに対応しました。

取り付けます。
砂ザク0.20

砂ザク0.21

ザク・バズーカ
砂ザク0.22
平手
砂ザク0.23
ザク・マシンガン
砂ザク0.24


プロフィール

Author:○ミッキー○
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
FC2ブログランキング
フリーエリア
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。