M.W

ガンダムプラモ

 
1
2
3
4
6
7
10
13
17
20
21
23
24
26
27
29
30
04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サキガケ(12)

肩、腿装甲と関節の塗装です。
サキガケ0.44
ガイアのEXブラック→スーパーアイアン。
デカールを貼らないのでツヤ消しでトップコートをしました。
サキガケ0.45
関節色はいつもの自家製グレー。
こちらもつや消しでトップコートしています。

スポンサーサイト

サキガケ(11)

光沢仕上げをする部品にサーフェイサーを吹きつけます。
サキガケ0.37
乾燥後、1200番の耐水ペーパーで水研ぎして洗浄します。
サキガケ0.38
より細かいサーフェイサーを吹き、2000番の耐水ペーパーで水研ぎします。
サキガケ0.39

組み立てます。
サキガケ0.40

サキガケ0.41

サキガケ0.42

サキガケ0.43
次回から塗装編。


サキガケ(10)

ツヤ消しで仕上げる部品にサーフェイサーを吹きつけ、傷や隙間を見つけます。
サキガケ0.35
左:不合格 右:合格
パテとプラの境目に隙間があったり、モールドを彫り直した際にパーツを傷付けたりした部分を瞬着で埋めていきます。
サキガケ0.36
修正完了。

サキガケ(9)

基本工作終了です。
サキガケ0.32

サキガケ0.33
サフ吹きをして傷のチェック、修正をします。


サキガケ(8)

GNシールド。
サキガケ0.27
ガラッゾのシールドを加工しました。
脛には取り付け用の穴を開けています。
サキガケ0.28
裏面。
エポパテを詰めて硬化前に膝を押し付けて型を取りました。
足りない部分はエポパテを盛り付けて整形。

サキガケ0.29
膝のスパイクはキットのままだと中央に継ぎ目があり、先端が丸まっているので切り取ってコトブキヤのスパイクに取替。
サキガケ0.30

サキガケ0.31


サキガケ(7)

GNコンデンサと武装です。
サキガケ0.22
GNコンデンサはシールドを切断し、上面を0.5mmのプラ板を貼って整形しました。
ディフェンスロッド裏の肉抜き穴は瞬着で埋めました。
ビーム刃はペーパーを当てて曇らせました。
刀はコトブキヤのサムライソード、柄を切り取り、流用パーツを貼り付け。
コードのジョイントはデュナメスのビームサーベルを加工しました。

装備させました。
サキガケ0.23

サキガケ0.24

サキガケ0.25

両手持ち。
サキガケ0.26

サキガケ(6)

サーベルラックとスラスターの工作。
サキガケ0.18
ビーム・サーベルが出てくるハッチとスラスターのビームキャノンをエポパテで埋めました。
サキガケ0.19

サキガケ0.20

サキガケ0.21
背と腰のスラスターのフィンのフチを薄く削り、中にモールドが無かったのでエバーグリーンのモールド入りプラ板を貼りました。

サキガケ(5)

胴体。
サキガケ0.15
工作内容はアヘッドと変わらずスジボリの彫り直し、装甲の縁を薄く削りました。
サキガケ0.16
GNドライヴは先端を切断し、コトブキヤのスパイクを貼って整形。
突き出たシルエットにしています。
サキガケ0.17
首はポリパーツがむき出しなので、コトブキヤのバーニアパーツを加工してかぶせました。



サキガケ(4)

頭部。
サキガケ0.09

サキガケ0.10
モールドが甘い部分を彫り直し、安全基準を満たすための角を鋭くして、フチをモーターツールで薄く見せました。
バルカンは潰してコトブキヤのリベットパーツを埋め込んでいます。
キットにはリード線が入っていますが、平べったいケーブルにするため線を束ねるビニールを使いました。

工作前
サキガケ0.13
工作後
サキガケ0.11

工作前
サキガケ0.14
工作後
サキガケ0.12





サキガケ(3)

サキガケ0.04
股関節ブロックを切断し幅詰め。
手は親指の肉抜き穴を瞬着で埋めて、左手には武装の保持力を上げるために0.3mmのプラ板を貼りました。

幅詰め前
サキガケ0.05
幅詰め後
サキガケ0.06

幅詰め前
サキガケ0.08

幅詰め後
サキガケ0.07



サキガケ(2)

肩の装甲と腿の装甲です。
サキガケ0.03
肩装甲は、フチをモーターツールで削り薄くして、ツノを尖らせました。
溶きパテを叩きつけるように塗りつけ、梨地処理をしました。

サキガケ(1)

サキガケを作ります。
サキガケ箱

サキガケ0.01
継ぎ目消しが必要な部分やあらかじめ組んでおける部分を接着。
アヘッドの時は瞬着を使いましたが、今回はタミヤのスチロール系接着剤を使いました。

アヘッド(了)

完成です。
アヘッド0.15

アヘッド0.16
額のクリアパーツは、ガイアのクリアーオレンジ。
デカールはベルテクス、HIQ、ウェーブ、ガンダムデカールから選んで貼りました。
トップコート前まで、ふくらはぎと膝関節の干渉はなかったのですが、トップコートをした後組むと膝関節の塗膜が剥がれてしまいました。
干渉部分を削って剥がれた所を筆でリタッチ。

その他の画像は→こちら

アヘッド(6)

塗装終了。
アヘッド0.12

アヘッド0.13
デカールを貼り、つや消しを吹いて完成です。


アヘッド(5)

胴体。
アヘッド0.08

アヘッド0.09
赤はフィニッシャーズのマイカレッド+クレオスのマルーン+ガイアの蛍光クリアー+クールホワイト。
黄色い部分は先に塗ってからマスキングして赤を塗りました。
赤一色だと単調に見えるので、関節色やファントムグレーをマスキング塗装しています。
アヘッド0.11
シールド裏をファントムグレーでマスキング塗装。
アヘッド0.10

定額給付金について

支給決定通知が来たので早速買い物。
給付金
地元の一軒しかない模型店に還元すべく、全部遣ってきました。
給付金で貯金とか、公共料金を払うというのは私的には理解に苦しみます。
考えてみてください、何が大切なのかを・・・。


アヘッド(4)

GNドライヴ、ビームサーベル、フィン、首の塗装をしました。
アヘッド0.06
ビームサーベルは、塗装しやすいように柄と刃を切断し、1mmの真鍮線で軸を設けました。
胸のクリアパーツにはベルテクスオプティカルデカールを貼りました
下地はすべて自家製グレー。
ドライヴはクールホワイト→ホワイト5
首の前は橙黄色。
フィンはオレンジ2、胸のコンデンサはシルバー→クリアーオレンジ。
アヘッド0.07
胴体に組み込んでみました。




モデラーズサミットに参加します

10月11日(日)に名古屋国際会議場で行われるモデラーズサミットに参加します。
2次会にも参加しますので、会場ではお気軽に声をかけていただければ幸いです。
運営委員会様にはご迷惑をおかけすると思いますが、よろしくお願いします。
モデサミバナー

アヘッド(3)

グレー部分の塗装をしました。
アヘッド0.05
自家製グレー→ファントムグレー。
ファントムグレーはそのままでは濃いのでクールホワイトを混ぜています。

アヘッド(2)

関節と武器を塗装しました。
アヘッド0.03
塗装はサフレス。
関節は自家製グレー、缶サフを混ぜているので、ちょっとしたキズなら目立たなくなります。
マシンガンはベースグレー→スーパーステンレス。
いずれも表面をツルツルにするためスーパークリアーⅢを吹きました。

組み換えでライフルになります。
アヘッド0.04

アヘッド(1)

アヘッドを作ります。
アヘッド箱

表面処理をして、仮組み立てをしました。
アヘッド0.01

アヘッド0.02
組み立てて色々動かして、塗装がはがれそうなところを見ます。
ふくらはぎの外装が膝関節に干渉していました、バラして修正します。
後はめし難いところはBMCタガネの0.4mmで段落ち処理。
ブースターのフィンの厚みが目立ったので、BMCタガネでカンナがけをして薄く見せています。
肘外装の空洞は0.3mmプラ板を貼りました。
浅い肉抜き穴は光硬化瞬着で埋めました。

プロフィール

Author:○ミッキー○
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
FC2ブログランキング
フリーエリア
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。