M.W

ガンダムプラモ

 
1
2
6
8
9
12
14
15
16
20
21
22
23
25
27
28
29
05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部隊兵(了)

ベースを作ります。
部隊兵0.42
バンダイのプラキット付属のスタンドを使います。
支柱取付用の穴をふさぐため、0.5mmのプラ板を貼りました。
部隊兵0.43
整形。
部隊兵0.44
馬を置いて足が接地する部分に1mmの真鍮線を差し込みました。

本体はスミ入れ、つや消しを吹いて完成。
部隊兵0.48

その他の画像は→こちら

なお、これはGEKIぶろこん参加作品です。

スポンサーサイト

部隊兵(8)

塗装をしました。
部隊兵0.40

部隊兵0.41
本体
赤:マイカレッド+クレオスのマルーン+ガイアの蛍光クリアー+クールホワイト。
白:クールホワイト。
金:エナメルのゴールドリーフを筆塗り。
額:スーパーアイアン。


茶:ガンダムカラーブラウン(1)
濃いグレー:ベースグレーMAX



部隊兵(7)

サーフェイサーを吹きました。
部隊兵0.37

部隊兵0.38
踝の鋲は、削り落しウェーブのリベットを貼っています。
モールドの甘い部分をBMCタガネで彫り直し。
サフ→穴埋め→サフの繰り返しで表面を整形しました。
部隊兵0.39
次回より塗装編


部隊兵(6)

馬の工作の続き。
部隊兵0.26
脚部の関節を接着し、軸のある場所にHアイズを貼りました。
部隊兵0.27
脚に表情をつけるため、カッターで切断します。
部隊兵0.30
キットの軸を切り取り、3mmのソフトプラ棒を差し込みます。
部隊兵0.28

部隊兵0.29
1.5mmのアルミ線で繋ぎ、位置を調整します。
ソフトプラ棒を少し曲げて取りつけます。
部隊兵0.31

部隊兵0.32
アルミ軸をエポパテで埋めで整形しました。
部隊兵0.33
本体にしっかり固定するため3mmの軸を埋めました。

部隊兵を乗せます。
部隊兵0.34

部隊兵0.35
手綱は1.4mmのチェーン。







部隊兵(5)

サフを吹きました。
部隊兵0.23
サフ前では見えなかった隙間や気泡を瞬着で埋めます。

修正完了
部隊兵0.24

部隊兵0.25
次回は馬の工作に戻ります。



部隊兵(4)

本体の整形をします。
部隊兵0.18
腰は胴体に取り付ける際、隙間ができてしまったので0.5mmのプラ板を貼りました。
脚はエポパテで埋めた上から0.3mmのプラ板を貼っています。
部隊兵0.19
足裏にも0.3mmのプラ板を貼り、モールドを彫るため鉛筆でアタリをつけます。
部隊兵0.20
塩ビ製のマスキングテープをガイドにBMCタガネで彫りました。
部隊兵0.21

部隊兵0.22
各部の丸い突起は削り落しウェーブのリベットを瞬着で貼りました。
鉾の刃を鋭くしてフチをBMCタガネのカンナがけで薄くしました。



ドロス

東海組さんのドロス、マジでやばいよ!


部隊兵(3)

馬の工作の続きです。
部隊兵0.12
エポパテを盛って鞍の形を作り、メンタムを塗った部品を押し付けて密着させます。
部隊兵0.13
完全硬化後取り外して、ナイフとペーパーで整形しました。
部隊兵0.14

部隊兵0.15
ハードポイントを思われる突起を全て削り落し、穴にランナーを差し込んで瞬着で固定。
すっきりとした印象になりました。

騎乗
部隊兵0.16
次回は部隊兵の工作に戻ります。


最近[fg]に登録しました。
色々な作品が拝見できていい刺激になります。
今後はfgにもアップしていく予定です。

部隊兵(2)

部隊兵を乗せる馬を作ります。
部隊兵0.07
首を切り欠いて後はめできるようにしました。
脚の後の肉抜き穴をエポパテで埋めました。
シンプルな外観にしたかったので、一部モールドを削り落しています。
部隊兵0.08
キットのままだと胴体が幅広く見えるので、接着面で幅詰め。
兵士を乗せやすくするため、鞍を切り取ってエポパテで埋めました。
この後さらにパテを盛って鞍を完成させます。
幅詰めをしたため尻尾が付かなくなったので、取り付け方法を変更しました。

改修前
部隊兵0.06
改修後
部隊兵0.09

部隊兵0.10


部隊兵(1)

SD三国伝の部隊兵を制作します。
部隊兵0.02
一体となっている部品をカッターとニッパーで切り離し、中にエポパテを詰め、タミヤのソフトプラ棒を軸に接続。
加えて肉抜き穴をエポパテで埋めました。
部隊兵0.03

部隊兵0.04

サキガケ(了)

光沢クリアーを吹きました。
サキガケ0.63

サキガケ0.64

サキガケ0.65/>
フィニッシャーズのオートクリアーを使用。
1回吹きつけるごとにピュアシンナーを足していき塗面を滑らかにしました。
最後にタミヤのモデリングワックスでよりツヤを出して完成。

その他の画像は→こちら

サキガケ(16)

デカールを貼りました。
サキガケ0.61

サキガケ0.62
つや消し仕上げの部分のトップコートを済ませました。
スラスターをガイアのフラットクリアー+フラットベース。
GNシールド、ディフェンスロッドをガイアのフラットクリアー。

じっくり乾燥させてから光沢クリアーを吹きます。

サキガケ(15)

塗装続き
サキガケ0.57
胴の装甲はベースグレーMAX、あとは前回と変わりません。
サキガケ0.55
円形のマスキングは、マスキングテープを5mmのポンチで打ち抜いたものを貼りました。
サキガケ0.56
胸部コンデンサは、EXシルバーの上からベルテクスオプティカルデカールを貼り、クリアパーツは裏からクリアーレッドを塗装。

塗装終了
サキガケ0.58

サキガケ0.59

サキガケ0.60
次回はデカール。



サキガケ(14)

光沢仕上げをする部品の塗装です。
サキガケ0.50
下地色はガイアのEXシルバー。
サキガケ0.51
基本色はブルー(14)、鍬形他の金はスーパーゴールド。
サキガケ0.52
マスキング塗装をしない部品を先に処理します。
塗膜保護にGXスーパークリアーⅢを使用。

頭部
サキガケ0.53

サキガケ0.54

サキガケ(13)

引き続きつや消し部分の塗装です。
サキガケ0.46
スラスター、足はファントムグレー+白、フィンはオレンジ(2)。
コクピットハッチはスーパーゴールド。
GNドライヴはスタジオ27のクローム塗料を使いました。
サキガケ0.47
フィンのオレンジを塗ってマスキングしてからファントムグレーを塗りました。
サキガケ0.48
武装。
シールド、コンデンサはブルー(21)、シールドの赤はアヘッドに使用したもの。
ビームサーベルはスーパーゴールドとファントムグレーをマスキング塗装。
ビーム刃はガイアカラーのクリアーオレンジ。
刀は刃にスタジオ27のクローム塗料とスーパーアイアン。
鍔と柄はサーベルと同様。
サキガケ0.49
フィールド発生器はスターブライトゴールド、コンデンサ裏にサーベルを収納。


プロフィール

Author:○ミッキー○
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
FC2ブログランキング
フリーエリア
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。