M.W

ガンダムプラモ

 
1
3
6
7
10
12
13
15
21
22
23
24
31
08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Quintuple O GUNDAM(24)

クリアパーツの塗装。
OOOOO109.jpg
シールにベルテクスオプティカルデカールを貼り、乾燥後本体に貼り付けます。
クリアパーツはラッカーのクリアーグリーン。
OOOOO110.jpg

全工程終了。
OOOOO111.jpg
OOOOO112.jpg
OOOOO113.jpg
OOOOO114.jpg

OOOOO115.jpg



スポンサーサイト

Quintuple O GUNDAM(23)

デカールを貼り、つや消しトップコートを吹きました。
OOOOO105.jpg
OOOOO106.jpg
OOOOO107.jpg
OOOOO108.jpg
デカールは、ガンダムデカールとベルテクスデカールを使用。
残すはコンデンサのクリアパーツのみとなりました。

Quintuple O GUNDAM(22)

武器の塗装
OOOOO102.jpg
羽根の黄:EXシルバー→ホワイト→橙黄色→ビスマスパール

塗装終了
OOOOO103.jpg
OOOOO104.jpg
再度洗浄してデカールを貼ります。


Quintuple O GUNDAM(21)

脚部の塗装
OOOOO098.jpg
OOOOO099.jpg
OOOOO100.jpg
OOOOO101.jpg

Quintuple O GUNDAM(20)

塗装前に変更する部分と追加する部分の工作をします。
OOOOO096.jpg
小さいボールジョイントでは保持力が低かったので、2mmの真鍮線接続に置き換えました。
OOOOO097.jpg
脚部に装甲を追加、1/100ケルディムのシールドビットを加工して1mmの真鍮線で接続しました。


Quintuple O GUNDAM(19)

大腿部~膝の塗装
OOOOO094.jpg

OOOOO095.jpg
強度を出すため各パーツを接着しながら組み立てます。


Quintuple O GUNDAM(18)

腕部の塗装

OOOOO090.jpg
OOOOO091.jpg
OOOOO092.jpg
OOOOO093.jpg
GNキャノンの砲身はベースグレーの上からビスマスパールを吹き付けています。


Quintuple O GUNDAM(17)

肩部の塗装。
OOOOO088.jpg
OOOOO089.jpg
青:ラベンダー+スカイブルー+白少々
赤青黄のスミ入れは同系色の濃い色を流しています。

Quintuple O GUNDAM(16)

頭部~胴体~腰部の塗装。
OOOOO086.jpg
OOOOO087.jpg
白:EXシルバー→ファンデーションホワイト→ビスマスパール
濃いグレー:ベースグレーMAX
赤:EXシルバー→プレミアムレッド
黄:EXシルバー→スターブライトゴールド
いずれも塗膜保護、デカール、スミ入れのため、GXクリアーを吹きつけました。
トップコートはつや消しにします。

Quintuple O GUNDAM(15)

武装その3
OOOOO078.jpg
ビームサーベル、1/100エクシアのものを使用。
ビーム刃はスポンジやすりでパーティングラインを落としました。
OOOOO079.jpg
OOOOO080.jpg
OOOOO081.jpg
OOOOO082.jpg
OOOOO083.jpg
OOOOO084.jpg
OOOOO085.jpg
これで工作編は一応の終了。
次回より塗装編に入ります。



Quintuple O GUNDAM(14)

武装その2
OOOOO074.jpg
羽根はHGウィングゼロカスタムのものを加工して使用しました。
本体との接続には関節技ボールジョイントを使ってます。
OOOOO075.jpg
OOOOO076.jpg

OOOOO077.jpg


Quintuple O GUNDAM(13)

武器その1
OOOOO068.jpg

OOOOO069.jpg
基本的な形を決めて、パーツを繋げました。
OOOOO070.jpg

OOOOO071.jpg

OOOOO072.jpg



ザクを汚してみる

以前作ったMGザク2.0を汚してみます。
Jザク0.43
Jザク0.47

Jザ<br />ク0.44
Jザク0.48

Jザク0.45
Jザク0.49

Jザク0.46
Jザク0.50
ウェザリングといってもウォッシングをしたのみです。
MIGピグメントのRubbel Dustをアクリル溶剤で溶いて筆で塗りつけ、こびりついた汚れを全て落とす気持ちでピグメントを落としました。







5th O GUNDAM(12)

脚部その2
OOOOO060.jpg
大腿部~膝 
膝装甲は当初半分に切ったものを使ってましたが、ギリギリまで削りこむことでなんとか収めることができました。
OOOOO061.jpg
足首
接続部がまる見えなのでアヴァランチの部品を接着。
1/100エクシアのフレームを切断し、セラヴィーのボールジョイントを接着。
くるぶしの装甲は干渉を避けるため平らに整形。
OOOOO062.jpg

OOOOO063.jpg
OOOOO064.jpg
OOOOO065.jpg
OOOOO066.jpg
OOOOO067.jpg









5th O GUNDAM(11)

脚部その1
OOOOO059.jpg
目立つ部分にエポパテを充填しました。
ドライヴの先端を削り、コトブキヤのスパイクを接着。

5th O GUNDAM(10)

腕その2
OOOOO053.jpg
右腕、GNナックルはアヴァランチとExsのパーツを流用し、一部加工してバーニアを取付。
GNクロー、さすがにカギ爪はないだろうということで、アマツの部品をベースにHGエクシアのビームサーベルを横に連結、アヴァランチのカバーをかぶせました。
OOOOO054.jpg
左腕、GNキャノンはハイコンプロのヴァーチェのキャノンを流用、シールド、肘カバーはラジエル、セファーのパーツから。
GNグレネードはMGのリガズィから流用。
OOOOO055.jpg

OOOOO056.jpg

OOOOO057.jpg

OOOOO058.jpg

モデラーズサミット(14)

サザビー0.05

サザビー0.06

サザビー0.07

サザビー0.08


5th O GUNDAM(9)

腕その1。
OOOOO050.jpg
追加装備の接続部に市販のプラパーツを接着。
手の接続軸が見えるので上述のパーツを接着しました。
可動は制限されますが、見栄えは良くなります。
OOOOO051.jpg

OOOOO052.jpg


5th O GUNDAM(8)

肩その2、ドライヴ部です。
OOOOO046.jpg
基部は1/100エクシアの背中を加工して使用しました。
隙間はエポパテで埋めました。
OOOOO047.jpg

OOOOO048.jpg

OOOOO049.jpg


5th O GUNDAM(7)

肩その1。
OOOOO042.jpg
基本アバランチのままなので、表面を整えたり、プラ板を足した部分の隙間を埋めたりしたのみです。
OOOOO043.jpg
OOOOO044.jpg

OOOOO045.jpg
次回はGNドライヴの取付。



モデラーズサミット(13)

サザビー0.04





楽しみゃいいじゃん^^

モデラーズサミット(12)

サザビー0.01

サザビー0.02

サザビー0.03


リタイアは絶対にしません


5th O GUNDAM(6)

腰部。
OOOOO036.jpg
OOOOO037.jpg
フロントアーマーの接続軸が露出していたので、開口した丸モールドをCの字に切り欠いて接着。
裏側を0.3mmのプラ板を貼り塞ぎました。
サイドアーマーは一回り小さく削って干渉する部分を緩和。
OOOOO038.jpg

OOOOO039.jpg

OOOOO040.jpg

OOOOO041.jpg



5th O GUNDAM(5)

OOOOO030.jpg

OOOOO031.jpg
首の付き位置を下げた以外は特になにもしていません。
OOOOO032.jpg

OOOOO033.jpg
首の収まりが良くなりました。
OOOOO034.jpg

OOOOO035.jpg




だから僕は・・・


プロフィール

Author:○ミッキー○
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
FC2ブログランキング
フリーエリア
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。